スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5話 「鴨川に来た男」

 今回は“追想”ではなく“感想”で参りたいと思います。
スポンサーサイト

#17 「I Want to Know the Truth」

 『真実が知りたい。
*原作ゲームは、未プレイです。

アバンタイトルより
……噛んでないわよ。
ペルソナに纏わるまじめな流れと思いきや・・噛みましたね。
ちゃんと、オチがありました、抜かりは無いですね。

輪廻のラグランジェ 第4話「鴨川スイマーズ」

 セリフを以下の色で分類しています。
京乃 まどかランフィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ)、ムギナミイゾキリウスその他

アバンタイトルより
敵が舞い戻ってきた
キリウスイゾアレイの乗ってきた戦艦が何者かによってボロボロにされてしまい、第三勢力の登場のようです。

#16 「Although the Case Was Closed」

 『事件は終わったはずだったが・・。
*原作ゲームは、未プレイです。

アバンタイトルより
お客様、貴方の表情の中には油断が見えます……、いえ、むしろこれから、さらに過酷になってゆくかもしれません。
夏休み・修学旅行と怒涛のイベント連戦が終わり、本題が戻ってきました。

アニメまとめて感想

個別に感想書いた以外の作品を以下に一言的な感想と最近思う事を述べています。

第3話 「鴨川にランの花咲く」

 セリフを以下の色で分類しています。
京乃 まどかランフィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティ)、イゾキリウスその他

アバンタイトルより
あれが、太古より伝わる幻のオービット・・ウォクス・・・美しい。
機械的なモノに美しいという表現を使うとは、古風な人物ですね。
色々、秘密が眠ってそうですね、このウォクスには・・。

#15 「The Long-Awaited School Trip」

待望の修学旅行
*原作ゲームは、未プレイです。

アバンタイトルより
……言葉を重ね、お互いの理解が深まれば、さらに絆が深まり力に“変化”が生まれるでしょう。
力=ペルソナの事でしょうから、戦闘で何かがあるのでしょう。

以下、セリフをキャラクター別に色で分類しています。
鳴上 悠花村 陽介里中 千枝天城 雪子巽 完二久慈川 りせクマ

9月1日(晴れ)
ちびっ子探偵。
白鐘です、思いつきで変な名前を付けないでください、……。
悠の思いつきというより、これは遼太郎・足立から耳に入ったフレーズでしょうね。
事件が完全に解決したようには思えないという勘と家の事情から悠達の後輩になる事になった白鐘 直斗
夏休み明けで通学路を忘れる陽介も、千枝のツッコミ通り「どうなの?」ですね。
そこに『間違えた事によく気付いたな。』の悠の追い討ちも容赦ないですね。

第2話 「鴨川スピリット」

 『勝ったよぉ、まるっ!…はしゃぎ過ぎ?
前回の豪快な(バックドロップ?ジャーマン・スープレックス?)決め技は衝撃的でしたね。
まどかはこれっきりのつもりで戦闘に出たわけでしたが、
次?まだ、あるの?
わんっ。
という事で次回出撃決定に・・。
ランの『わんっ。』は惚ける時の決めポーズですけど、
手招きの仕草は、『にゃんっ。』って感じがしますよね。

#14 「A Stormy Summer Vacation 2/2」

 『夏暇激烈(かかげきれつ)
上記は、創造四字熟語です。

*原作ゲームは、未プレイです。
アバンタイトルより
…私、胸の高鳴りを感じるわ、やはり貴方は私の思っていた通りの人かもしれない。
5枚のカード=5つのが芽生えようとしているわけですか、
イゴールのいない時のマーガレットは、艶やかですよね。

輪廻のラグランジェ 第一話「ようこそ、鴨川へ!」

 やっぱ、これ、大正解だっ!

助っ人が生き甲斐の少女がS
Fな運命に巻き込まれる物語。
事前情報全く無しのぶっつけ感想です。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。